城崎温泉「川口屋城崎リバーサイドホテル」公式サイトへようこそ!当館の貸切露天風呂からは円山川が一望! 津居山がにや但馬牛などの新鮮素材を存分にご堪能ください!!

川口屋リバーサイド歴史とおもてなしの心

 
―江戸時代―
 城崎(きのさき)温泉は、約1400年もの歴史を誇る関西屈指の温泉街である。
但馬の母なる川、円山川の雄大な流れ、三方を豊かな山に囲まれ、街の中心を
流れる大谿川沿いの柳並木、木造3階建ての旅館が軒を連ねる、
浴衣姿と駒下駄がカラコロと響き渡る、名物七湯めぐり。
 十世紀初め【古今和歌集】に「たじまのくにのゆへまかりける時に」と、
平安時代の代表的な歌人で藤原兼輔(877~933)が詠んだ歌が
千二百首の中に収められている。
 その昔、城崎温泉を流れる大谿川の下流域は沼地であり、弁天山は、
湿地に浮かぶ小島のようであったとか。
当館の先祖は、川口屋仁右衛門の屋号で、
その昔から城崎(現在の薬師橋付近)に暮らしていたと伝えられています。
―江戸時代―
 江戸時代の温泉番付表(当時は横綱は、なし)には、西方の関脇にランクされ、
江戸中期の当代随一の名医、香川修庵が享保十九年「但州城崎新湯を最大一とす」
と「一本堂薬選」を著し、城崎を日本一と絶賛した。
 現代においても続く「だんじり祭り」も享保九年の温泉寺文書に記録が残る
格式と伝統あるお祭りである。
―明治・大正―
 近代になり、旅行や観光が大流行。その温泉ブームで城崎温泉も一大観光地として、
湯治客をはじめとして人気をよんだ。旅行者の中には著名人も多く、皆様ご存知
志賀直哉「城の崎にて」(大正六年発表)、また、島崎藤村、
与謝野寛、与謝野晶子など、城崎ゆかりの作品を数多く残し、文人墨客にも愛されてきた温泉街である。
昭和に入ってからも、司馬遼太郎などがこの地を訪れている。
 先祖代々「まんだら湯」と並ぶ湯島の聖地「弁天山」の管理役を務めた糀屋
(はなや:鮮魚店)の流れを受ける当宿は、
大正五年【川口屋仁右衛門(かわぐちやにえもん)】が、
温泉街の中心に、宴会場と客室を入れて5部屋の宿屋として、創業致しました。
その頃の宿泊代は、1~2円。
後の大正十四年に起こった「北但大震災」により、温泉街は焼野原の壊滅状態となり、
「川口屋料理旅館」も全壊したが、
当時の七代目館主により再建され廃業の危機を乗り越えた。
 城崎温泉の情緒ある柳並木の街並みも、「北但大震災」後、
先人達により、現在の姿へと復興を遂げている。
―現在、そして未来へ―

 そして、川口屋料理旅館創業者である垣谷万蔵を旅館創業の初代と数えて、
川口屋の『おもてなしの心』を受け継ぎ、昭和三十九年には、三代目川口屋仁右衛門が、
当時川口屋の道を隔てた 南側(弁財天社付近)に全室広縁バストイレ付の木造2階建て旅館
弁天荘をオープン致しました。
続いて鉄筋4階建て離れを増築し営業致しましたが、新しい時代を重ねて、
ついに昭和49年に現在の場所へ政府登録規格の旅館への夢を現実に―

安心と寛ぎの間取り客室に団体収容力を備え、そして屋号である大谿川、川の口に位置する場所には、
川下の土壌に対して安心安全を考慮し、地盤に100本以上の鉄杭を打ち、
火災の場合にもベランダに一時避難可能という構造と
レイアウトで安全面を重視した鉄筋コンクリート地上6階建ての佇まいに、
川口屋料理宿の趣と居心地を実現致し、お客様皆々様に愛される宿屋を継いだ、
政府登録国際観光旅館1500号『川口屋城崎リバーサイドホテル』が誕生致しました。

 そして現在の四代目館主と共に、
現代の観光旅行・温泉宿・ホスピタリティ溢れるサービスのあり方を追求し、
城崎温泉で日本一の旅館を夢見て邁進致しております。
歩み続ける城崎温泉と共に、湧き続ける温泉の様に、
旅行という幸せな時を皆様へご提供させていただく為に、
改修改装を重ねて、郷土ホテルとして様々な用途を探求しつつ
サービスに磨きを掛けて参っております。